時差・電圧・プラグ-基本情報
時差・電圧・プラグ


【時差】時差というと日本との時差ばかり考えてしまうが、アメリカ国内の時差にも注意が必要だ。アメリカには4つの時差がある。違う時間帯に移動したことに気が付かず、到着時間や乗り継ぎ時間を間違えて、旅行中の貴重な時間をムダに過ごしてしまったということも、よくある話。特に、長距離バスや飛行機を利用して大陸を横断する場合などは気を付けたい。私は自分の時計をあわせきれず、、、他の人に時間を聞くようにしてました。。

【日本との時差】Eastern Time Zoneでは−14時間、Central Time Zoneでは−15時間、Mountain Time Zoneでは−16時間、Pacific Time Zoneでは−17時間。その上、アメリカには夏時間Daylight Saving Timeがあり、3月の第2日曜日から11月の第1日曜日まで、時間が1時間早くなる。つまり、3月の第2日曜日の朝は1時間早起きしなければならない、というわけだ。もし、時間の変わる3月第2日曜日と、11月第1日曜日の翌日にかけてアメリカ滞在をするなら覚えておきたい。
※ちなみに、、アリゾナ州とハワイ州では夏時間が採用されていない。そのため、例えばMountain Time Zoneのアリゾナ州にあるグランドキャニオンとPacific Time Zoneにあるロスアンゼルスは、夏時間の間は同じ時間帯になる。

【電圧・プラグ】電圧は120V。プラグは3つ穴タイプ。100V、2つ穴プラグの日本製品も使える。それでも、少し電圧数が違うので一応の注意が必要。長時間利用すると、、PCはかなり熱を持ってました。。。



グランドキャニオン・セドナ旅行TOP

Copyright(C) 2008
女ひとり海外旅行−グランドキャニオン・セドナ編

時差・電圧・プラグ-基本情報
[リンク] 出会いランキング